携帯電話のレンタルのしくみ

携帯電話のレンタルとは、まずレンタル会社がそれぞれの携帯電話会社と契約をし、その契約をした電話を利用者に貸すというシステムになっています。電話会社からの請求はレンタル会社を通してとなります。仕事などで専用の電話が必要な場合や、プライベートときっちりと分けたい場合にも有効です。近年では、利用料金も安いものがあり、プリペイド式の電話を購入するよりも安くなるものもあります。電話は必要だけれど特定の人には利用していることを知られたくないなど、ストーカー対策として利用する例もあります。契約の際には身分証明書が必要となります。機種にはさまざまなものがあり、通常の携帯電話、いわゆるガラケーからスマートフォンまで好きな機種を選ぶことができます。会社によってはすべえてが新品で、使い回しをしないというところもあります。

携帯電話のレンタルのしくみ

旦那の親が来る時は携帯電話をレンタルする

私の主人はアメリカ人なので、時々彼の両親がアメリカから遊びに来ます。数年前はアメリカの携帯会社の国際使用料が安かったのでそれを利用していたのですが、ここ最近は値上がりをしてしまい、日本で使うとかなりの高額になってしまいます。日本は公衆のWiFiもあまりないので、携帯電話がないと連絡が取れあえません。なので、日本の空港で引き取りが出来る携帯電話をレンタルすることにしています。こちらの方がアメリカの携帯を使うより安くなります。空港で引き取りなので、彼らが着いた時から使用できて便利です。私達の家が狭いので、来た時はいつもホテルに泊まってもらいます。なので待ち合わせ場所は駅や直接観光地になる事が多いので、レンタルした電話は大活躍しています。そして彼らは日本語が出来ないので、時々電話越しで通訳もしたりするので携帯はなくてはならない必需品です。

個性ある携帯電話のレンタルサービス利用法とは

スマートフォンを子供に使わせている親が多いとききますが、たいていは親が利用料金をまとめて支払うという状況のため、子供がうっかり低額で使える回線以外の回線でインターネット利用をすると、莫大な通信料を請求されるということになります。後払いで料金を支払うという場合には、とりあえず利用できるという状況になってしまうので、親は注意が必要なのです。子供に携帯電話を使わせるときの、個性ある携帯電話レンタルサービス利用法として、子供の使う端末だけはレンタルサービスを使うということが挙げられます。そうすれば、利用可能残高以上の利用料金を請求されることはないという安心感が得られるからです。携帯電話のレンタルサービスでは、子供の使いすぎを料金面において防止するという効果が見込めますから、親としては常に使った金額を把握できるので、教育効果も期待できます。

Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*